働き易い職場を創り、
快適なサービスを提供する。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
お問い合わせ
サイトマップ

お知らせ

新年のごあいさつ

2018/01/01

謹んで新春のお喜びを申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

平成29年は(仮称)こぶしえんの建設計画着手、羽村市地域包括支援センターあゆみの開所、今期で3期目となるEPA(経済連携協定)に伴うインドネシア介護福祉士候補生9名の受入れなど、嬉しいニュースが盛りだくさんでした。

【(仮称)こぶしえん建設計画着手】

目黒区立第四中学校の跡地に平成32年度末開園を予定する『(仮称)こぶしえん』の建設計画に着手いたしました。

特別養護老人ホーム、障害者支援施設、看護小規模多機能型居宅介護、および都市型軽費老人ホームなどの複合施設で、基幹相談支援センターも目黒区から受託する予定です。また、地域の方との交流の場として、地域交流スペースだけでなくレストラン・カフェテリア、図書コーナーなどがあるプロムナード(遊歩道)を設置いたします。

徳心会において最大規模の施設となる『(仮称)こぶしえん』。開設までの過程をホームページや広報誌にて随時お知らせいたしますので、みなさまと一緒に創りあげていきたいと思っております。

【羽村市地域包括支援センターあゆみ開所】

羽村市より指定を受け、平成29年10月1日(日)に開所報告会を羽村市コミュニティーセンターで実施、10月2日(月)より業務を開始いたしました。

地域に寄り添い、顔の見える支援を行い、地域住民やご利用者、サービス事業者、従業者の幅広い意見を吸い上げ、地域の課題を把握し解決に向け積極的に取り組んでまいります。

高齢者とその家族を支える地域の相談窓口として、精一杯地域へ貢献してまいりますので、ぜひセンターをご活用下さい。

【EPA3期生受入れ】

平成29年12月11日(月)、3期生となるインドネシア人介護福祉士候補生9名が辞令を受け、各施設へ配属されました。先輩となる1期生、2期生も業務と勉強を上手に両立し、徳心会の職員として力を発揮しています。頼もしい先輩職員のもと、一人ひとりが立派に成長できるよう、各施設一丸となってサポートしていきます。

1期生はあっという間に3年目を迎え、介護福祉士国家試験が間近に迫っております。日々の業務の合間に勉強に励み、着実に知識・技術・日本語を身に着けていく姿に職員一同感銘を受けると同時に、試験合格のその日まで全力でバックアップしていく所存です。

今年の12月には4期生7名が入職予定です。EPA職員の受入れも毎年恒例となってきましたが、貴重な人材が増えることに感謝の気持ちを忘れず、今後もより良いサービスを提供してまいります。

この他にも、各施設近隣地域のみなさまと共に大規模防災訓練の実施、納涼祭の開催など、様々な取り組みを実施させていただきました。

平成30年も地域のみなさまのお力添えをいただき、ご利用者に快適なサービスを提供する徳心会であり続けたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人徳心会 広報委員長 眞弓勉